ゆに昆布

酢昆布がうまい

林道の先にある秘湯、湯之谷山荘

f:id:unico09:20160221223632j:plain

温泉半額本シリーズ。今年の半額本も使用期限がせまってきましたね。

今回は車で湯之谷山荘へ行ってきました。

uniconbu.hatenablog.com

 

f:id:unico09:20160221223655j:plain

GoogleMapで湯之谷山荘と検索して指定されて場所へ行くとTOPの看板と湯之谷林道の看板が。

f:id:unico09:20160221223857j:plain

この林道を400mほど登ります。結構な斜面で車は1台分しか走れません。路面も陥没ひび割れが多く、うちのコンパクトカーにはちょっとかわいそうな道です。

対向車が来たらどうしようとビクビクしながら登りました。

f:id:unico09:20160221223723j:plain

登っていくとこのUターンが待ち受けます。こういう道に出会うと車じゃなくてバイクで来るべきだったとしみじみ思いますね。

道幅は広く取ってあるので切り返しながらターン。でかい車だとこのターンは難しいのではないだろうか。

f:id:unico09:20160221225321j:plain

入浴料は通常500円。(半額本のクーポンで250円)

霧島の温泉ならではの濃厚な硫黄温泉と炭酸温泉水の温泉が一度に楽しめる温泉として有名です。1940年から創業してるだけあって古めかしさを感じさせる木造の建物で脱衣所からすぐに浴場にでることができる。浴槽は男性にはちょっとせまめ。しかし、温度ごとに3つの浴槽が分けられておりそれぞれが、硫黄・硫黄と炭酸ブレンド・炭酸でわけられています。広い浴槽ではないので他の人と交代しながら3種類を味わいます。

 

硫黄の濃さでは前回行った新湯温泉には敵わないながらも入浴後も体に硫黄の臭いがしっかり残りました。

ここの日帰り入浴は14時には受付終了して15時には閉まってしまうので向かう予定の方はご注意を。

公式HP:

霧島湯之谷山荘(霧島湯之谷温泉 姶良郡牧園町)[公式ページ]

 

おまけ 

f:id:unico09:20160221223758j:plain

いつの間にか丸尾大滝橋が開通していたので丸尾滝を見に行ってみた。橋が開通するまでは滝を脇目に通り過ぎるだけだったが橋のお陰でゆっくりと見ることができる。

土砂崩れで展望スペースまで進めなかったが充分迫力を感じる。

 

プライバシーポリシー