ゆに昆布

酢昆布がうまい

SV650走行レビュー。スズキの新技術は凄い!

f:id:unico09:20170121213715j:plain

友人がレンタルバイクでSV650をレンタルしたので便乗して私も乗ってみました。

国内メーカーが最近力を入れているミドルクラスですが、このSV650正直凄いですよ。

公式HP: SV650 ABS|スズキ バイク

f:id:unico09:20170121220139j:plain

まずは車体ディティール。650ccなのでもちろん大型二輪なのですが、大柄な印象はなく400ccのバイクと変わらないようなサイズ感です。人によっては所有感が無いと感じるかもしれませんが、軽量な車重さと相まって取り回しは良いですし気軽に乗ることができる大型二輪と考えることができます。

写真では見えにくいですが、タンク下に見えるデジタルカモ柄のワンポイントが私は好きです。

f:id:unico09:20170121220206j:plain

シートは硬め。タンク側が絞り込まれているので足つきはとても良いです。タンデムシートに向けてせり上がっている部分が実にお尻にフィットして安心感があります。後ろ荷重にしやすいのでワインディング時に役立ちそうです。

この感覚は前回の試乗会で乗ったKTMのバイクに近い感覚がありました。

またまた試乗会に行ってきた。現行モデルを乗りまくる! - ゆに昆布

f:id:unico09:20170121215953j:plain

マフラーはノーマルで図太い音がします。Vツインエンジンと相まって回転数を上げる時の高揚感はバツグンです。

f:id:unico09:20170121220043j:plain

アナログメーター好きな自分にとっては最近のバイクはほとんどデジタルメーターなのがちょっと寂しい。SV650のデジタルメーターですが昼・夜どちらでも視認性はいいですね。自分の隼にはギアポジションが表示されないので羨ましいです。

SV650には今後のSUZUKIモデルには標準装備となるであろう大きなアシスト機能が2つついています。1つは上記動画の「スズキイージースタートシステム」。ボタンを押したとほぼ同時にエンジンが始動します。このレスポンスの早さは体験すると感動すら覚えます。

2つ目は「ローRPMアシスト」。紹介する動画や画像が無いので伝えにくいのですが、簡単に言うとエンストしないシステム。発進時や小回りをするときのような極低速時に回転数を自動で上げることでエンストを防いでくれるのです。クラッチを繋げていけばアクセルで回転数を調節しなくともヌルッと動きだします。渋滞時等はとても良さそうです。

f:id:unico09:20170121230814j:plain

肝心の走行した感想なのですが、とてもとてもとても楽しい!

低速から力強く走りだすSV650は加速も良く、Vツインエンジンの音がテンションを上げます。下のギアを引っ張って高回転域を使う走りを振動を感じるのですが、5-6速で制限速度内の速度で走る分にはエンジンの振動による不快感はありません。

コーナーでは細い、軽い車体で切り込むように曲がることができます。キモチイイ!!

悪いところは、サスペンションの問題か路面の凹凸をダイレクトに感じるところや、ネイキッドの宿命ともいえる高速巡行時の走行風の辛さでしょうか。どちらも購入後のカスタムで対処するといいでしょう。

 

f:id:unico09:20170121220017j:plain

SV650は本当に楽しいバイクです。コンパクトな車体と最新のアシスト機能が相まってバイクに対してライダーが気おくれすることがなく、650ccのVツインエンジンで充分にスポーツライディングをすることができる。通勤用に125cc、ロングツーリング用に隼に乗っていますが、「SV650一台にまとめちゃっていいんじゃないか?」と思うくらい惚れこんじゃいました。

バイク購入予定でSV650にまだ乗ったことが無い人はレンタルバイクや試乗会で一度体験することをおススメします。良くできたバイクです。

 

キジマ(Kijima) フロントスクリーン メーターバイザー スモーク SV650 ABS 305-472

【スポンサーリンク】