ゆに昆布

酢昆布がうまい

愛媛・高知ツーリング その③「いろりや・沈下橋」

f:id:unico09:20170530133935j:plain

カルストでバイクを倒してクラッチレバーが折れるというアクシデントが起きましたが、ツーリングはまだ終わっていません!今回は主に高知県を走ってます。

uniconbu.hatenablog.com

 美しい橋を見つけた。

f:id:unico09:20170602221055j:plain

通行止めになっており、本来のルートと違う道を使って高知県を目指していたのだが、川にかかる屋根付きの端を見つけて停まってみた。気ままなバイク一人旅だと気軽にこういった寄り道ができるのが一番の利点だと思う。

f:id:unico09:20170602221434j:plain

ドラマにでも使われそうなぐらい立派な橋である。いや、神社と書いてあるので参道か?

ちなみに坂本竜馬脱藩の道らしい。お洒落な脱藩道だ。

f:id:unico09:20170602221604j:plain

橋を歩くと川のせせらぎが気持ちいい。反対側では子供達が水遊びをしていた。旅で曜日感覚を無くしているものだから今日が日曜日だというのを実感させられる。

f:id:unico09:20170602221906j:plain

三嶋神社というらしい。この地に城を構えた津野家を奉っているほか、樹齢400年のハリモミの木もあった。ハリモミはあまりに大きくスマホでは縦画面にしても写真に収まらないほどだった。安全祈願の神社ではないが、無事に鹿児島まで帰れるように祈っておいた。

水曜どうでしょうで絶賛された「いろりや」

f:id:unico09:20170602222112j:plain

香川で本当に美味いうどんを一度は食ってみたいのだが、今回はルート的に厳しい。だが四国に来た以上なんとしても美味いうどんを食べなければ……‼という思いで調べて見つけたのがこのいろりや。伝説の番組「水曜どうでしょう」お遍路の旅で、いろりやの営業時間に間に合わなくという理由でお寺にいかなかったという話があるぐらい、ここのうどんは番組出演者・製作陣が美味しいと唸った店です。

地図: いろりや

f:id:unico09:20170530135650j:plain

注文したのは冷ひやし月見山うどん。本当は天ぷらうどんを食べたかったのだが気温の暑さとバイクに暑さにやられてヘトヘトで夏のスタミナうどんと書いてあったからだ。

評判の通りいろりやのうどんは今まで食べたうどんの中で一番美味しいうどんであった。疲れた体もシャキと元気が出るような素敵な味だった。

f:id:unico09:20170602230544j:plain

店内の入口には大泉洋さんの写真とともにサインが飾られてあった。大泉洋さんは四国の中でいろりやが「一番うまいかもしれない」と大絶賛しているのだ。

いやはや、鹿児島から食べに来たかいがありました。

参考: :: 水曜どうでしょう 番組スタッフからのメッセージ ::

沈下橋を渡る

f:id:unico09:20170530133631j:plain

ついにやってきました四万十川にかかる沈下橋。四万十川には何本も沈下橋がかかっているのですがやはり一番有名な佐多沈下橋を渡ってきました。

地図: 佐多沈下橋

f:id:unico09:20170602231028j:plain

四万十川という大きな川を欄干のない橋を渡るのは緊張します。教習所の一本橋に比べれば絶対に落ちることはないのですが、ゆっくり走れば走るほど橋から落ちる自分を想像してしまうのです。

動画をYouTubeにアップロードしたのでぜひその感覚を味わってみて下さい。

観光客が歩いているところをバイクで走るなよという方もいるかもしれませんが、ここは車も通る道で、地元の方たちは日常的に使用している道なのです。

途中車幅が広がっているところがあるのでそこで離合するのでしょう。考えるだけで怖い。

f:id:unico09:20170602233144j:plain

車が通らないうちにバイクをパシャリ。

f:id:unico09:20170602232644j:plain

しかし、このギリギリ感が怖い‼(特に数時間前にバイクを倒しただけに‼)

今回のツーリングでも"バイクに乗って人生に一度は訪れてみたい場所"に来ることができて感涙ものでした。「俺はこういう事をするためにツマラナイ日々を生きているんだ‼」と心の声が出てきます。

後は帰り道

f:id:unico09:20170602233642j:plain

90ccに道を譲る1300ccの写真。

沈下橋をいくつか見た後はこのような四国らしいクネクネ道を使って高知から愛媛に戻ります。あとは宿に泊まって鹿児島に帰るだけですがもう少し愛媛・高知ツーリング記事は続きます。

 

【スポンサーリンク】
?

プライバシーポリシー