ゆに昆布

酢昆布がうまい

曽於ツーリング「溝ノ口洞穴」と「三連轟」

f:id:unico09:20170703000246j:plain

愛媛・高知ツーリングで折れたクラッチレバーも無事修理が終わったので久々に隼でのツーリング。

今回は霧島のお隣、曽於市の観光スポットをめぐります。

f:id:unico09:20170703000410j:plain

久々の隼だったので試運転を兼ねて霧島神宮回りをひとっ走り。

霧島はまさに梅雨といった感じで10日間が続いていてこの日やっと雨が止みました。

霧島は名前の通り、霧が多いです。

溝ノ口洞穴はオーラが凄い。

f:id:unico09:20170703000214j:plain

溝ノ口洞窟は以前行こうと思った時には通行止めでいけなかった場所です。

駐車場横の山も見ての通り雨で崩れていて危ない感じ。

f:id:unico09:20170704200013j:plain

駐車場から洞穴までは鳥居が1つあるだけで歩いて1分ほどの短い参道があります。

f:id:unico09:20170704200606j:plain

しかしこの鳥居、なんとなく不気味に感じる。小ささといい、後ろの仄暗さといいい、見ているとゾワゾワする。

f:id:unico09:20170704200532j:plain

こちらが溝ノ口洞穴。岩がくり抜かれたようにポッカリと開いています。

4月の頭にはこの洞窟の前で踊りを踊る習慣があるらしいです。なかなか見ごたえありそうですね。最近ではパワースポットとしてナウなヤングに馬鹿受けなようで、ももクロがライブ映像として使用したこともあったりする地味に人気が上がってきている場所です。

f:id:unico09:20170704200954j:plain

目の前に洞窟があるなら入りたくなるのが男の子。霧が立ち込める洞窟の中に入る。

f:id:unico09:20170704201327j:plain

しかし、この通り10m進んだぐらいでこの通り真っ暗。スマホのライトで照らしても足元すらまともに見えない暗さでした。大量のコウモリに威嚇されるし、怖くなったので即効退散。

入口の看板によると224mも長さがあるようです。簡単な装備では攻略できそうにないですね。

f:id:unico09:20170704201800j:plain

洞窟内から外を見た感じ。スマホのカメラなので残念な感じですが、撮り方によってはいい絵が撮れそうですね。

GoogleMap: 溝ノ口洞穴

涼を感じられるスポット「三連轟」

f:id:unico09:20170704202624j:plain

溝ノ口洞穴からさほど遠くないところに「桐原の三連轟の滝」という場所があります。

こちらも駐車場からすぐに見れるので車・バイクでの観光がしやすいです。

f:id:unico09:20170704202658j:plain

駐車場のところから遊歩道を少し下ります。

f:id:unico09:20170704204017j:plain

三連轟。「さんれんとどろ」と読みます。英語では「SanrentodoroFalls」。

雨上がりということで水量が多くてとても涼しいです。

f:id:unico09:20170704204546j:plain

上流の方を眺められる遊歩道がありましたが、隼の熱風で汗だらけな私は進むのを断念。

f:id:unico09:20170704202812j:plain

これからますます暑さが増す鹿児島ですので避暑地として曽於のこの付近はおすすめですね。

 

【スポンサーリンク】
?