ゆに昆布

酢昆布がうまい

TCMS2018、ヒマラヤンについて語らせて下さい。SWM・ロイヤルエンフィールドブース

f:id:unico09:20180326225610j:plain

東京モーターサイクルショー2018の記事第二弾はSWMとロイヤルエンフィールドです。メーカー規模としては小さい2社ですがデザインは他者の追随を許さない独自路線を走っています。

その中でもロイヤルエンフィールドのヒマラヤンに激惚れしたので語らせて下さい。

独自デザインで新規開拓を狙うSWM

f:id:unico09:20180326222126j:plain

「ここどこのメーカー?」という声がチラホラ聞こえたSWMブース。MVアグスタの隣でまだまだ小さいブランドですが国内でも勢力を広めようと最近頑張っているメーカーです。独特なイタリアンデザインでありながら、中型免許でも乗れる400cc以下の排気量の種類が多いのが良いですね。

f:id:unico09:20180326222110j:plain

人が多くじっくり見れたのがこちら「Gran Milano」のインテルミラノコラボモデル。流行りのスクランブラースタイルですね。

f:id:unico09:20180326222039j:plain

メーターはシンプルなアナログメーター。私はアナログメーター派なのでこういうの大好きです。

f:id:unico09:20180326222027j:plain

単気筒エンジンで400ccと440ccで選べます。驚いたのがタンク容量で20Lも入ります。

f:id:unico09:20180326222013j:plain

このリアから見た2本出しマフラーがかっこいいですね。

とにかくクラシック。ロイヤルエンフィールド

f:id:unico09:20180326223827j:plain

ロイヤルエンフィールドと言えば、現代を生きるクラシックバイクを生産し続けるメーカー。クラシックバイク好きにはたまりません。

このミリタリー色の強い車両はクラシックミリタリーバトルグリーンです。

f:id:unico09:20180326223937j:plain
f:id:unico09:20180326224126j:plain
f:id:unico09:20180326224109j:plain
f:id:unico09:20180326224053j:plain

500ccのバイクで昔の軍用バイクそのもの。跨ってみるとクルーザースタイルでありながら、ハーレー程大柄じゃないので気軽に乗れる感じです。
気軽に乗ってたらご近所の人にビックリされそうですが。

ロイヤルエンフィールド、ヒマラヤンが最高にお洒落カッコいい

f:id:unico09:20180325155048j:plain

今回東京モーターサイクルショーで最も私が興奮したのがこのヒマラヤン。2016年にインドで発表されてからずっと気になっていてやっと実写を見ることができました。

f:id:unico09:20180325155031j:plain

フロントフェンダーからタンクにかけて引かれてるラインが可愛い。けものフレンズでもこんな感じの模様がよく使われていましよね。写真では分からないですが、このタンクは艶消しが入っていて質感が素晴らしいです。

丸いライトとミラーが良い感じにクラシック感を出していてロイヤルエンフィールドの得意なデザインだなと思います。メーターも最近のデジタルメーターだけで済ませる風潮と違いアナログ三連という渋さ。

f:id:unico09:20180326205408j:plain

他の車両と違って輪留めで固定されていなかったので跨って車体を起こして見たのですが、車重は185kgですが燃料が入ってないからかあまり重くは感じません。燃料タンクに15Lも入るので満タンにしたら重くなるかもしれません。

f:id:unico09:20180325155056j:plain

このタンク横のフレームが独自色を強めてますよね。この部分に積載を増やす装備もあります。

インド使用はキャブですが、国内仕様はアメリカと同じくインジェクション仕様になるようです。今年の6月には乗れるようになるそうで、お値段は約70万円。外車にしてはお安い方でお財布にも優しいのも良いですね。(もともとロイヤルエンフィールドが比較的安い)

ここまでヒマラヤンをべた褒めしてきましたが、問題は車両性能。排気量は411ccという中型免許ではギリギリ乗れないという半端な排気量。馬力は24psとかなり大人しく

国内250ccクラスの平均以下です。しかしながら最近ではあまりないロングストロークでビッグシングルというエンジンはどのような乗り心地なのか興味がわきます。

 

ルックスがパーフェクトなロイヤルエンフィールドですがやはり気になるのが故障等の不足の事態。SWMにも言えますがユーザーが少ないと情報も出回らないため国産車と比べたら維持が大変ではないかと懸念してしまいます。まぁ、それを含めて愛するというバイクライフもありますけどね。

東京モーターサイクルショー2018の記事

TMCS2018、アクセサリーメーカーの積載装備が格好良くて実用的 - ゆに昆布

TMCS2018、欧州スクーター勢。120万円の高額車両も!? - ゆに昆布

【スポンサーリンク】
?

プライバシーポリシー