ゆに昆布

酢昆布がうまい

TMCS2018、YAMAHAはクラシックから未来デザインまで揃い踏み

f:id:unico09:20180328211848j:plain

東京モーターサイクルショー2018。今回はYAMAHAブースの紹介です。

デザインのYAMAHAと一部で言われているだけあってYAMAHAブースは幅の広い洗練されたデザインのバイクが多いですね。東京モーターサイクルショーでは1台のバイクが世界に先駆けて発表となりました。

真ん中に堂々と構える3輪バイクNIKEN

f:id:unico09:20180328224622j:plain

大型の3輪バイクとしてYAMAHAが開発を進めているNIKEN。実物を初めて見ましたが結構大きいですね。悪そうな顔してます。一部ではザクレロとか言われてたり。

f:id:unico09:20180328211918j:plain

通常の2輪と違うのはやはりこのフロント回りでしょうか。このゴチャゴチャした感じが男の子心をくすぐります。

f:id:unico09:20180328212450j:plain

フレームはこんな感じ。なんかぶった切れたような部分もありますね。

エンジンはMT-09ベースだとか。バイクの900ccエンジンでフロント接地感の強い車両なわけですから、コーナーがめっちゃ速そうです。(タイヤ4つにすれば良くね?というのは無しで)

f:id:unico09:20180328231920j:plain

こちらは既に発売されているトリシティのフレームになります。なんか可愛い。

NIKENの説明によると、YAMAHAはトリシティ125/155を明確に3輪バイクの第一弾・第二弾と位置づけており、NIKENは第三弾とのことです。年内に発売予定ということで期待が高まるばかりです。転倒の恐れを減らしてなおかつ所有欲を満たす車格なので、個人的には最近増えているリターンライダーの人達に喜ばれるんじゃないかと思っています。

値段が上がったけど質感も良くなったT-MAX

f:id:unico09:20180328212514j:plain
f:id:unico09:20180328222241j:plain

車両価格が100万円を突破したことで話題になった最強ビックスクーター事T-MAX。

正直舐めてたのですがこのマット塗装が素晴らしい色合いですね。惚れ惚れします。装備も充実してますし、このまま高級路線へとシフトしていくのでしょうか。

国内の名称が変わったTRACER900

f:id:unico09:20180328222332j:plain

丁度よいサイズのツアラーとして売れに売れたMT-09TRACERですが、最近国内での名称が変わりましてTRACER900となりました。このままMTシリーズとは分けてTRACERシリーズとして売っていくのでしょうか。SUZUKIのVstromeやKAWASAKIのVERSYSが250ccのラインナップを出して来たのでYAMAHAも対抗馬を出さないのかなと思ったり。

不評だった足回りを改善したMT-09SP

f:id:unico09:20180328222417j:plain

こちらは最近発売されたばかりのMT-09の上位モデルMT-09SP。

何が変わったかというと初代の頃から不評だった足回りを改善したモデルとなっています。通常のMT-09を買って車外サスに買えた人達からはバーゲンプライスと言われていたりいなかったり。

これぞ最強ネイキッドMT-10

f:id:unico09:20180328222625j:plain

MTシリーズの長兄ことMT-10様。エンジンはR1と同じで電子制御もモリモリというロマン溢れるネイキッドバイク。こんな高級バイクを所有してみたい……

f:id:unico09:20180328222448j:plain

デジタルメーター嫌いな私でもこのメーターはカッコいい。LCDメーターで視認性が良く、アニメーションでヌルヌル動きます。

SUZUKIよりも洗練してる……XSR700 FASTER SONSモデル

f:id:unico09:20180328234240j:plain

SUZUKIが似たような車両でSV650Xというのを発売したばかりなのですが、YAMAHAの方が洗練して見える……要所要所は同じなのにここまで差が生まれるのか……

XSR700オーセンテック

f:id:unico09:20180328234948j:plain

こちらはオーセンテックの外装キットを装着したXSR700。スポーティな印象にガラッと変わりますね。外装キットを取り付けるだけで既存車両をこの様な見栄えにできるようです。

f:id:unico09:20180328234548j:plain

私はこのシートがお洒落でいいなぁと思いましたよ。

f:id:unico09:20180328235247j:plain

現在のオーセンテックカラーの元となったYZR500も展示されていました。

その発想は無かった!電動トライアルバイクTY-E

f:id:unico09:20180328222723j:plain

車と同じように最近ではバイクも電動化が少しずつ進んでいますが、ここでYAMAHAは電動トライアルバイクTY-Eを東京モーターサイクルショーにて初公開しました。

トライアル競技なら大きなバッテリーも必要ないですし、電気エンジンと相性は良さそうです。

f:id:unico09:20180328235652j:plain

電動バイクなのでマフラーは無し。積んでいるエンジンとバッテリーの重さにもよると思いますが、単純に重量が軽くなるので取り回しは良くなりそうですね。

 

こちらがYMSHS公式のPV。通常のバイクでは聞かないモーター音がギュンギュン鳴ってます。映像を見る限りでは走行性能も高そうです。

2018年の選手権では実際に使用されるそうなので応援したいです。

 

以上、東京モーターサイクルショー2018、YAMAHAブースの紹介でした。

東京モーターサイクルショー2018の記事

TMCS2018、SUZUKIブースはPR方法まで変態 - ゆに昆布

TCMS2018、ヒマラヤンについて語らせて下さい。SWM・ロイヤルエンフィールドブース - ゆに昆布

TMCS2018、アクセサリーメーカーの積載装備が格好良くて実用的 - ゆに昆布

TMCS2018、欧州スクーター勢。120万円の高額車両も!? - ゆに昆布

【スポンサーリンク】
?

プライバシーポリシー