ゆに昆布

酢昆布がうまい

渋滞だらけの三浦半島ツーリング「馬の背洞門」他

f:id:unico09:20200419195845j:plain

コロナウィルスによる外出自粛中につきここ1ヶ月はバイクに乗れない日々が続いております。それでもPCの中にはツーリング写真がまだまだありますのでブログ更新に使っていこうと思います。

今回は三浦半島を1周した際の記録です。

三浦半島はとにかく渋滞が酷い

f:id:unico09:20200419220237j:plain

今回は本ブログ何度目かの登場、Z250に乗る友人とのツーリングになります。

住処を鹿児島から千葉に移してから近場にはあんまり行かないなと思い、近隣の三浦半島に行ってみたわけです。

:前回一緒にツーリングした際の記事

バイク神社こと安住神社にご祈祷で安全祈願 - ゆに昆布

f:id:unico09:20200419221731j:plain

f:id:unico09:20200419221923j:plain

それにしても渋滞が酷い。早朝から動いていたのにほとんどが渋滞で時間を取られてしまった。
天気が良かった事もあってこの日は特に車・バイクが多いように感じられた。

f:id:unico09:20200419195845j:plain

最初の目的地である、立石公園に到着。神奈川絶景50選に選ばれる秋谷の立石のある場所なのですがここの駐車場に入るだけでも大変。入口が狭く、駐車場も広くはに無いため入口でかなり待たされました。休日に向かうのはおススメしません。

地図: 立石公園

綺麗な海を見れる憩いの広場「城ヶ島公園」

f:id:unico09:20200419231315j:plain

三浦半島は南端の城ケ島公園にやってきました。こちらは有料ですが広い駐車場があるのでバイクも十分駐輪するスペースがあります。

地図: 城ケ島公園第一駐車場

f:id:unico09:20200419231940j:plain

城ケ島公園はこのように綺麗に整備された公園で、子供連れのファミリー層がとても多くこられていました。

f:id:unico09:20200419195951j:plain

公園から海岸沿いに降りられるようになっており、首都圏近郊にこんな景色が見れる場所があったのだなと感心しました。

f:id:unico09:20200419231858j:plain

海の透明度もバッチリ。

【スポンサーリンク】
?

f:id:unico09:20200419234640j:plain

駐輪場からしばらく歩くと馬の背洞門と呼ばれる場所があります。海の浸食によって生まれた光景ですね。繋がっている部分は本当に細く今にも崩れそうな見た目です。

f:id:unico09:20200419234311j:plain

歩いて登れるような場所ですが登るのは厳禁です。

f:id:unico09:20200419234847j:plain

この場所は釣りのスポットとしても有名なようで釣り人もちらほら見かけました。

昼食は三崎港の海鮮丼で

f:id:unico09:20200419220203j:plain

 城ケ島まで来たらやっぱりお昼は三崎港の海鮮丼。というわけで三崎港にやってきました。うらりマルシェにバイクを置かせてもらって近くのお店を探します。

f:id:unico09:20200419231352j:plain

どこのお店も人が多く、比較的に空いていた「三崎港で2番目に美味しい」というキャッチコピーの庄和丸さんに入ることにしました。それでも30分以上待ちましたが。

f:id:unico09:20200419231356j:plain

メニューはこんな感じ。

f:id:unico09:20200419231359j:plain

私が頼んだのはまぐろシラス丼。ご飯が思ったよりも多くお腹いっぱいになりました。

少しだけワインディングを堪能

f:id:unico09:20200419213755j:plain

f:id:unico09:20200419235839j:plain
道中で少し内陸側に入って、ヤングマシンで紹介されていた大根丘陵縦断街道を走る。

確かにこの一帯は交通量が少なく走っていて気持ち良い。

しかし 

young-machine.com

最後は温泉で締め

f:id:unico09:20200420000055j:plain

最後は温泉、横須賀の湯楽の里という場所にきました。

ここの売りは何と言っても露天風呂で、湯船から180°東京湾を一望できる大胆な景色を見ることができます。

公式HP: 露天風呂|横須賀温泉 湯楽の里

地図: 横須賀温泉 湯楽の里

f:id:unico09:20200420001329j:plain

温泉で疲れを取ったものも、結局帰り道でまた渋滞にハマり帰り着いたころにはクタクタになってしまいました。

プライバシーポリシー