ゆに昆布

酢昆布がうまい

Vstrom650XT(3型2019年式)インプレッション

f:id:unico09:20200323224430j:plain

2019年の年末に購入したVstrom650XT。高速道路から街乗り、峠道と様々な場面で走行したので素人ながらこのバイクの良い所、悪い所を書こうと思います。Vstrom650を購入検討中の方の参考になると嬉しいです。

参考までに私が所有したバイク一覧はこちらから確認できます。

乗車履歴 - ゆに昆布

Vstrom650XTの基本性能

f:id:unico09:20200314181002j:plain

 Vツイン650ccのエンジンを搭載したSUZUKIのアドベンチャーバイクVstrom650。最高出力は69PS、車重はXT仕様で215kg。

アドベンチャーバイクに分類されますが、Vstrom650はオンロードでの走行に重きを置いたバイクになります。

 650ccにしては大きいように見えますが、ホイールベースとハンドル位置が高いだけで、スリムな車体で幅は小さいですし車重もアドベンチャーバイクの中では比較的軽い部類になります。

購入時の状態等は下記の記事をご参照ください。

www.uniconbu.com

Vstrom650の良い部分、メリット

他のアドベンチャーバイクにないミドルVツインエンジン

f:id:unico09:20191229122212j:plain

他のアドベンチャーバイクにはないVstromの特徴として650ccのVツインエンジンがあります。パラツインの多いミドルクラスの中で珍しいVツインエンジンとなり、SV650と同じエンジンでSUZUKIの歴史の中でも長い歴史のあるエンジンで以前にSV650を試乗した時に思わず惚れ込んでしまったエンジンです。ハーレーの様なドコドコ感は薄いですがVツインエンジンのフィーリングは十分に味わうことができます。

この650ccのエンジンは低回転から瞬発力のある力強い加速をみせてくれます。650ccという中間排気量も実に扱いやすく、有り余るスピードはいらないけど追い越しや坂道で苦労したくないという我儘に丁度答えてくれます。

www.uniconbu.com

 タンク容量20L。燃費も良くロングライド可能

f:id:unico09:20200323225343j:plain

 Vstrom650のタンク容量は20Lと容量が大きく、私の乗り方だと燃費は通常23~24km/L程をキープしています。なので一度の給油で400km以上は走ることができるのでツーリングの途中でガソリンスタンドに止まりたくない私のような人にはおススメです。またVstrom1000(1050)と違い、レギュラーガソリン仕様なのでお財布にも優しいです。

燃費について詳しく書きますが、最も悪い燃費は都内をストップアンドゴーで走行した際の17km/L。60km/h固定で止まらずに走り続けた場合30km/L以上の燃費を確認しました。

完成度の高いシート

f:id:unico09:20200506160657j:plain

Vstrom650の評価であまり見かけないのですが、私が思うVstrom650の最も良い部分はシートです。疲れにくいシートで何時間乗っててもお尻が痛くなりません。また、全体が滑りにくいザラザラとした表面にできており、勾配の急な下り坂であってもお尻が前にずれることがありません。タンデム側に盛り上がった形状もとても良く、急な加速をかけたい時などにピッタリはまります。
タンデムシートの面積が広いため2人乗りにも適していると思います。

【スポンサーリンク】
?

Vstoro650の悪い部分、デメリット

足つき×。ステップ位置が悪いです

f:id:unico09:20200323224332j:plain

アドベンチャーバイクなので車高が高く足つきが悪いのは仕方ないですが、Vstrom650に関してはさらにステップ位置が非常に悪いです。シートに座り足を真下に下す部分にステップがある為、足を地面に着ける際には左右に大きく足を開くか、ステップの前後にずらす必要があります。必然的に股下の長さが必要になる為シート高835㎜の数値以上に足つきが損なわれます。

レディースバイクさんのこちらの記事を見ていただけると分かると思います。シート高が高く、ライダーの身長も低いアフリカツインの方がVstrom650より足つきが良いことが分かります。

[女性ライダーの足つきチェック] V-STROM650 ABS(2019年撮影) | バイクトピックス | レディスバイク

[女性ライダーの足つきチェック] V-STROM650 ABS(2019年撮影) | バイクトピックス | レディスバイク

純正ブレーキが弱く感じる

f:id:unico09:20200505235950j:plain

Vstrom650は前後ダブルディスクなのですが効きが弱く感じます。少なくともガツンと停まるブレーキではないです。他の方のインプレでもこのブレーキの弱さは指摘されることが多くパッドやディスクの交換で改善されるといった情報もあります。

標準でABSとTCSが付いているのでハードブレーキングの際はロックするつもり掛けた方が良いと思います。

ワインディングは苦手かも

f:id:unico09:20200505235636j:plain

ライディングはライダーのスキルに依存するため人それぞれなのですが、一般的なネイキッドやスポーツバイクの車両に比べると、峠道といった左右にバイクを振る道では軽快感が感じられません。同エンジンのSV650に乗ったことのある自分ですが全く別の乗り物と思えます。前述のブレーキの弱さも相まってハイテンポにワインディングを楽しむ走行はまだできる自信がありません。

アドベンチャーバイクに適したライディングスタイルを身につける必要性がありそうです。

 Vstrom650は無印とXTモデルどちらを購入すべきか

f:id:unico09:20200323232037j:plain

Vstrom650には無印とXTモデルの2種類あり、無印が前後キャストホイール。XTモデルの方が前後スポークホイールにマッドガードやナックルガードが付きます。価格差は公式HPで4.4万円となります。

マッドガード、ナックルガードですが別途公式のオプションとして購入できるので、違いはホイールの違いだけと言って差し支えないでしょう。

一般的にキャスト・スポークホイールでは乗り味に違いが出ると言われておりキャストホイールの方が硬い足回りでオンロード向け、スポークホイールが衝撃吸収に優れオフロード向けとされています。私はデザインの好みでスポークホイールのXTモデルを選択しました。

f:id:unico09:20191229121926j:plain

そこそこの防風性でツーリングに役立つナックルガードですが、クラッチワイヤーの注油をする際には必ず取り外さないといけません。バーエンドを外し、グリップ根元のネジを二か所外す必要があり結構手間です。

他にもスポークホイールはブレーキダストやチェーンオイル等でスポークが汚れることも多く、必ずしもXTモデルが完全上位モデルではない事を考えた上で購入を検討した方が良いでしょう。

【スポンサーリンク】
?

 Vstrom1000(1050)との比較

f:id:unico09:20191229121855j:plain

Vstrom1050がデジタルメーターになった為最後のアナログメーターになるかも

上位モデルとしてVstrom1000(1050)がありますが、購入を検討している人はどちらを選ぶか悩まれるのではないでしょうか。実際私も最後までVstrom1000か650かで悩んでいた人間です。最終的に650を選んだ決め手としては下記の様なものになりました。

  • Vstrom650はレギュラーガソリン仕様。
  • 車重は約30kgVstrom650が軽い。
  • 1300ccから250ccに1度乗り換えて、大きい排気量より中間排気量を操りたくなった。
  • Vstrom650の方が価格が安いのでオプションを付けてもお財布へのダメージが少ない。

私の住環境的にバイクを日常的に使用しなければならないため気軽に乗れる650cc選択したわけですが、地元の鹿児島で2台持ちを続けていたならVstrom1000になってた気がします。色々と中間にあるVstrom650、これを中途半端と思うかマルチに使えると思うかは人それぞれです。

上記の私の決め手には入りませんでしたが、650だとフェリー等を利用する際に二輪は750ccで区分けされることが多いのでお得な場合が多いです。

総評

f:id:unico09:20200323225806j:plain

総評です。

  • 楽なポジションと疲れにくいシート
  • ホイールベースの長さから生まれる直進安定性
  • 速すぎず遅すぎない中間排気量
  • 燃費も良く20Lというタンク容量から生まれる航続距離
  • 風防性の高いスクリーン
  • 渋滞や極低速走行に役立つローRPM
  • 車両価格と燃料がレギュラーガソリンというお財布への優しさ
  • 車格の割に軽く、ギリギリ普段使いできる気軽さ
  • 車体は細いのですり抜けもある程度可能

等々、並びたてるだけでもこれだけ長距離走行に向いている性能があります。「バイクでとにかく長距離を走る」ことが目的な人にはベストな一台です。

ただ、スポーティな走行の面において650ccのVツインを楽しみたいならSV650(X)の購入をおススメします。同じエンジンを積んでいるとはいえ、Vstrom650の高い重心、ホイールベースでは峠道等のワインディングは決して小気味良いものではありません。

f:id:unico09:20200223235130j:plain

まさにこのバイクは旅の道具。バイクでどこまでも走りたい人にはきっと"使える"バイクになることでしょう。

f:id:unico09:20200502230212j:plain

プライバシーポリシー