ゆに昆布

酢昆布がうまい

寸又峡「夢の吊り橋」は絶景だけど恐怖の吊り橋

f:id:unico09:20210127230907j:plain

吊り橋の国とも呼ばれる静岡県の川根本町にある寸又峡。美しい川にかかる吊り橋として有名な「夢の吊り橋」に行ってきました。それはもう美しい橋だったのですが、この端怖すぎました。

夢の吊り橋はだいぶ山奥にあります

f:id:unico09:20210128001131j:plain

今回紹介する寸又峡「夢の吊り橋」はだいぶ山奥にあります。行くにも帰るにも時間がかかるため前泊をして向かいました。山道にありがちなぐねぐねとした狭路が続きます。

f:id:unico09:20210128001141j:plain

車1台分しか通れないような道が続きます。夢の吊り橋は行楽シーズンになると大量の観光客が押し寄せるらしいのでこの道路は大変なことになりそうです。

f:id:unico09:20210128001144j:plain

 町営の駐車場に到着。この町営の駐車場は閑散期は無料。この町営の駐車場はかなり広く第二、第三駐車場まであるのが見えたのですが行楽シーズンではそれらが埋まるくらい人が来るという事なのでしょうか。

f:id:unico09:20210129000051j:plain

バイクを降りて歩いて向かいます。

f:id:unico09:20210129000332j:plain

温泉の出ているお手水があったり

f:id:unico09:20210129000344j:plain

カエルの像があったりと歩いていて退屈はしません。

f:id:unico09:20210129000532j:plain

駐車場から10分ほど歩いて寸又峡の入り口に到着。まだここから歩きます。

f:id:unico09:20210129001902j:plain

道路はありますが作業用の道路なので一般車は通行できません。

f:id:unico09:20210127230409j:plain

周囲は見渡す限りの山。聞こえるのは鳥の鳴く声のみ。とても山深いところまでやってきました。

f:id:unico09:20210129003023j:plain

f:id:unico09:20210129003102j:plain

ひんやりとした天子のトンネルを通り抜けます。

f:id:unico09:20210129003245j:plain

トンネルを抜けると美しいエメラルドグリーンな寸又川が見えてきました。夢の吊り橋まであと少しです。

絶景だけど揺れる吊り橋 がかなり怖い

f:id:unico09:20210130230017j:plain

駐車場から合計40分ほど歩いて到着。長かった。

f:id:unico09:20210131171441j:plain

それでは早速渡ってみましょう。長さは90mあります。

f:id:unico09:20210130224336j:plain

足元はこんな感じ。人一人歩くには十分なスペースがありますが、川底まで丸見えなので下を向くと超怖いです。

f:id:unico09:20210131172507j:plain

歩いている時の視点はこちら。エメラルドグリーンの川の上を歩くような素晴らしい景色です!しかし橋の真ん中あたりは風で橋全体が揺れる為めちゃくちゃ怖い!足がすくむ経験を久々にしました。

f:id:unico09:20210131172747j:plain

f:id:unico09:20210131172802j:plain

左右の景色はこんな感じ。すみません、怖さのあまり写真をゆっくり撮る余裕がありませんでした。動画はTwitterに投稿しているのでぜひ見てみて下さい。

 

f:id:unico09:20210131173944j:plain

渡り切ることができました。一方通行しかできないシーズンだっため折り返すことはできません。またこの橋は最大10人までしか一度に渡れない為、行楽シーズンは待ち時間が大変なのだとか。人の少ないタイミングで訪れることができてよかったです。

f:id:unico09:20210131174205j:plain

真上から見た夢の吊り橋。やはり川の色が美しい。

f:id:unico09:20210127230907j:plain

アクセスが難しいですが、この場所でしか味わえない体験と景色でした。おすすめです。

 最寄りの町営駐車場はこちら。もっと橋寄りにもお土産屋さんの駐車場がありますが、そちらは有料だったりお土産購入が条件となっております。

<関連記事>

プライバシーポリシー
/* 画像の遅延読み込みLazyload*/