ゆに昆布

酢昆布がうまい

目の前は大海原。波しぶきを聞きながら入る温泉「高磯の湯」

f:id:unico09:20200223235249j:plain

素晴らしきかなこの開放感!

目の前が大海原で大きな波しぶきを見ながら入浴できる「高磯の湯」に行ってきました。他所にはなかなか無い素晴らしいロケーションの温泉でした。

※記事内の写真は温泉管理者に許可を得て撮影しております。

波の音を聞きながら入る露天風呂は時間を忘れる素晴らしさ

f:id:unico09:20200223235335j:plain

今回訪れているのは伊豆半島の東側にある熱川温泉。湯気が出ている場所も多く、いかにも温泉街といった場所です。そんな熱川温泉街の海岸側に今回向かう高磯の湯はありました。

駐車スペースは海岸沿いに作られており、駐車場所は十分にあります。

f:id:unico09:20200223235338j:plain

こちらの建物の一番左の窓に温泉の券売機が置かれており、入浴券を購入して入ります。

私が訪れた日は富士山の日で入浴料を半額にしてもらいました。その時富士山の日てなんだ?と思い後で調べたのですが、山梨県と静岡県が設立している富士山について考え後世に語り継ぐ日なのだそうです。

何はともあれラッキー。

f:id:unico09:20200223100428j:plain

夏場はプールも利用できるのでしょうか。プールサイドを歩いて奥へ。

f:id:unico09:20200223235342j:plain

高磯の湯の入り口。いざ温泉へ!

f:id:unico09:20200223235309j:plain

更衣室は清掃が行き届いておりました。

【スポンサーリンク】
?

f:id:unico09:20200223235316j:plain

そして温泉がこちら。湯舟は露天一つだけですが目の前が大海原という最大の特徴があります。

身体を流すシャワーもありましたがシャンプー等は利用不可のようです。

f:id:unico09:20200223235301j:plain

ドッパーン!と常に高い波が打ち付ける音が聞こえます。

この海を遠く眺めながら身体を温泉に包まれているのはまさに極楽。

f:id:unico09:20200223235236j:plain

 泉質も肌がツルっとする感じで、うっすら湯の花も浮いていました。

私が訪れた時は、源泉を引き込む機械が故障しているようでいつもよりヌルいと説明されましたが、かえって長湯できてよかったです。

f:id:unico09:20200223235249j:plain

ぜひこの素晴らしい温泉に入りに伊豆方面に来た際は立ち寄って見てください。

 

営業時間・9:30~17:00 

料金・大人@600円 

 

プライバシーポリシー