ゆに昆布

酢昆布がうまい

阿蘇ツーリングで安く宿泊するなら「五岳ホテル」が便利!2017阿蘇ツーリングpart.2

f:id:unico09:20170926014155j:plain

雨宿りでだいぶ時間をくってしまったのですが、ミルクロードを通って本日の宿を目指します。

・前回

www.uniconbu.com

f:id:unico09:20170928001804j:plain

今回のツーリングのメインは阿蘇を走り倒すこと!ミルクロードを使って阿蘇外縁をぐるりと一周していきます。ミルクロード周辺に来た時には雨雲がなくなっていて快適でした。

震災の傷跡のこる阿蘇 

f:id:unico09:20170924233324j:plain

一部道路は未だに工事中。低速で砂利道を隼で走るのは怖い怖い。

f:id:unico09:20170926015041j:plain

ラピュタの道が見える場所は完全にバリケードで塞がれていました。

f:id:unico09:20150831235707j:plain
2015年に訪れた時のラピュタの道

 2015年に来た時が最後の姿になってしまいました。大半は崖が崩れているようなのでこのような姿を見ることはもうないと思うと実に悲しい。

www.uniconbu.com

f:id:unico09:20170924233441j:plain

道中に阿蘇神社もあったので立ち寄りました。境内の建物がほとんど崩れて工事用のシートに覆われていました。 仮の参拝所がありましたのでそこでお参り。

 

ライダー向けの宿泊プランのある「五岳ホテル」

f:id:unico09:20170927074818j:plain

今回宿泊施設は、楽天トラベルや公式HPにライダー向けの宿泊プランを五岳ホテルです。ホテルをどこにするか選ぶときに金額もですが、バイクが駐輪できるかどうかというのが一番気になりますよね。ライダー向けのプランを出していることからここならバイクが停められるだろうと思い朝食のみで宿泊しました。

f:id:unico09:20170924231744j:plain

そして実際の駐輪スペースがこちら。普通の自転車スペースです。

この日のライダーが自分たちだけだったので良かったですが、詰めて4台ぐらいがギリギリな気がします。

f:id:unico09:20170924231751j:plain

部屋はツインベッドの部屋でこんな感じ。(部屋が散らかっているのは翌朝撮った写真のため)

手前の方にソファーとテレビがあります。狭いですが寝るだけなら特に不満なし。

あとはトイレで大を流すと30分以上水が流れるなどがありましたけど気にしてはいけません。

f:id:unico09:20170802074740j:plain

時系列がバラバラですがホテルの朝食がこちら。うーん寂しい。これならコンビニで買ってきてた方が良かったカモ。

 

阿蘇内牧温泉 五岳ホテル

夜はホテル近くにある「ニュー大吉」がオススメ

f:id:unico09:20170801190649j:plain

ホテルに荷物をおろして今夜の晩飯を食べるところを探します。近くには五岳ホテル以外にも宿泊施設があるため食事を取れるお店も多い。

f:id:unico09:20170801191050j:plain

「STOP AIDS」年期のいったコンドームの自動販売機を見つけた。この地域はホテルがたくさんあるから大事ダヨネ!

f:id:unico09:20170801211213j:plain

そして今回入った居酒屋がこちらのニュー大吉さん

GoogleMap: ニュー大吉

f:id:unico09:20170801192945j:plain

出てくる料理はどれも美味しく、友人との話も盛り上がりました。久々に会ったというのに話すのはバイクの話ばかり。やれ4気筒の音が最高だとかVツインの盛り上がりがよいだとか……

ニュー大吉さんは価格も抑えめだったので大満足でした。

f:id:unico09:20170801211300j:plain

ニャーン。お店をでるときに野良の子猫達を発見。かわいい。 

f:id:unico09:20170928001618j:plain

タイトルは「真下から見た風景 2」

ホテルで飲み直そうとコンビニでアルコールを購入。成人向けコーナーにて、「コンビニにあるこの手のエロ本て表紙だけで中身は大したことないよな」「しかし、"2"ということは”1”がそこそこ人気だったということでは?」等の会話からその場のノリで購入。ホテルにて品評会をを行いました。

結果は「まぁ、こんなもんですよね」

けど今のこの手の本てスマホでDLできる動画が付いてるんですね。本よりもそちらが本体になってるような……

 

こんな学生頃のようなノリで一日目の夜は楽しく過ぎていったのでした。

 

www.uniconbu.com

 

【スポンサーリンク】
?

プライバシーポリシー