ゆに昆布

酢昆布がうまい

無料バイキングに足湯、コンビニまで……凄いぞ!「こんにゃくパーク」

f:id:unico09:20191123000700j:plain

群馬県にあるこんにゃくパークがこんにゃくのレベルを超えて凄いと聞いて行ってきました。

行く前まで「こんにゃく」ごときでそんなに凄い事などないだろうと高を括っていたのですが、そこには驚きのこんにゃくによるテーマパークが広がっていました。

こんにゃくがテーマの場所にしては規模がデカすぎる

f:id:unico09:20191123232622j:plain

群馬県甘楽郡にあるこんにゃくパーク。株式会社 ヨコオデイリーフーズというこんにゃくを主に製造している会社がこんにゃくの工場見学ができる場所として開放している施設です。

今回もバイクで向かったのですがこんにゃくパークに周辺に渋滞が発生。「そんなに人が集まる場所なのか?」と疑問を抱きつつ到着。

f:id:unico09:20191124194121j:plain

バイクを降りて驚きました。

お洒落なテラス席が設けられており南国風な植物が植えられています。ここは群馬県ではなかったのか。

f:id:unico09:20191123001349j:plain

なんとコンビニまで入っています。こんにゃく工場にコンビニいるの!?

f:id:unico09:20191123003046j:plain

足湯!?こんにゃく工場なのでは!?

ちなみに先ほどのコンビニでタオルを買うことができます。

f:id:unico09:20191124200151j:plain

こちらは地域の物産品を売っている販売所。

他にも露天も複数出ていてテーマパークのようでした。

f:id:unico09:20191124200246j:plain

巨大モニターではCMやこんにゃく体操なるものがリピートで再生されており洗脳されそうになります。

こんにゃくの知識が増える工場見学

f:id:unico09:20191123231710j:plain

 それでは肝心のこんにゃくパークの施設内に入ってみましょう。

 無料ですが入り口で簡単な記入をして入場します。その際に無料バイキングチケットを貰えるのでちゃんと保管しておきましょう。

f:id:unico09:20191124220117j:plain

工場見学に向かいます。ピンク色でファンシー。

f:id:unico09:20191124221351j:plain

 このように製造工場を見ることができるのですが、平日しか製造していない為土日は止まっている機械しかみることができません。

f:id:unico09:20191124221548j:plain

 代わりに映像で見ることできますがどうせなら動いている所を見たかったですね。

f:id:unico09:20191124222530j:plain

それにしても工場内にもうさぎのキャラクター「月野マナン」ちゃんがいてカワイイ。

ここの工場ではこんにゃく以外にもゼリー製品なども製造しているそうです。

f:id:unico09:20191124222550j:plain

f:id:unico09:20191124225148j:plain
f:id:unico09:20191124225129j:plain

 他にはパネルでこんにゃくにまつわる解説があります。この工場で80万食もこんにゃくを生産しているというから凄い。長さは地球1周分になるそうですよ。

 

【スポンサーリンク】
?

変わり種こんにゃくが多数!無料のこんにゃくバイキング 

f:id:unico09:20191123003651j:plain

工場見学の後はこんにゃくバイキング!なんとこんにゃくパークではこのバイキングを無料で楽しむことができます。

流石にここは人が一番多く、30分程並ぶ必要がありました。

f:id:unico09:20191123003553j:plain

こんにゃくパークでは今まで見た事のないこんにゃくを食べる事ができます。

焼きそばこんにゃく、ラーメンこんにゃく、すき焼きこんにゃく、果てはレバ刺しこんにゃくまで。そしてどれも本物に近い味わい。これがこんにゃくで出来ているというのに驚きです。

こんにゃくゼリーまであるのでデザートまでいただく事ができます。

f:id:unico09:20191123003926j:plain

f:id:unico09:20191123004557j:plain

 ショーケースにはこんにゃく製品に代替した場合のカロリー比較がされていました。カロリーが2桁代で済むのはダイエットに良さそうです。

f:id:unico09:20191123004902j:plain

 バイキングコーナーから出ると先ほど食べた製品を詰め放題でお土産として買って帰ることができます。これは買いたくなりますね!

f:id:unico09:20191123003015j:plain

 そして最後に紹介するのはマスコットキャラクターの月野マイナちゃん。めちゃくちゃ可愛かったので子供たちの撮影列に混ざって1枚撮らせてもらいました。マイナちゃんありがとう!

 

f:id:unico09:20191124230715j:plain

 こんなに楽しいこんにゃくパーク。私はめちゃくちゃ好きになりました。富岡製糸場等の観光地にも近いので群馬ツーリングに立ち寄るのはどうでしょうか。

konnyaku-park.com

プライバシーポリシー