ゆに昆布

酢昆布がうまい

那須珍スポットツーリング

f:id:unico09:20181209111756j:plain

先日の投稿した11月まとめに書いた通り那須高原にツーリングにいってきました。

今回はタイトルにある通り那須の珍スポットを巡る旅となっており、陳スポマニアな自分は大満足の旅となりました。

 今回も夜中出発です

f:id:unico09:20181211221925j:plain

 もはや恒例となった仕事明けの夜間ツーリング。常総バイパスの国道294を北上して宇都宮を目指します。

f:id:unico09:20181211224227j:plain

約100kmの下道を2時間程かけて宇都宮のネットカフェに到着。

 ネカフェはもう完全に睡眠を取る場所としか考えていないので、ブースに入って即就寝。ネカフェで前泊は翌日のツーリングで疲れないし夜だと道も空いているので便利です。

f:id:unico09:20181216175906j:plain

 朝7時ごろに出発。交通量も少なくて走りやすい。ただ12月に入ったこともあってとにかく寒い。冬用グローブをしていても指先の感覚がなくなっていきます。

f:id:unico09:20181211224148j:plain

あまりにも指先が冷えてしまったのでエンジンで暖を取りました。

 温泉神社と殺生石を観光

f:id:unico09:20181216194116j:plain

那須に到着。道路から大きな鳥居が見えたのでバイクを停めて散策。

那須温泉神社です。

f:id:unico09:20181216223046j:plain

温泉神社を参拝する前に入り口にある「こんばいろの湯」に行ってみます。

f:id:unico09:20181216223051j:plain

足湯からは湯気がもうもうと上がっています。手を付けてみるとかなり熱くいくらバイクで冷えていると言えどそのままでは足を漬かることができないぐらい。

そこで伸びているホースから水をいれて温度を下げます。適温になったところで足を入れ、バイクで冷えた体を温めました。

f:id:unico09:20181216223023j:plain

体が温まった所で境内を参拝。

f:id:unico09:20181216232947j:plain

朝靄のかかる神社は美しかったです。ここももう少しすれば雪が積もってまた別の景色を見せるようです。

f:id:unico09:20181216193851j:plain

 続いては温泉神社のすぐ近くにある殺生石に向かいました。恐ろしい名前が付いています。

f:id:unico09:20181216232816j:plain

f:id:unico09:20181216233421j:plain

殺生石までは千体地蔵と呼ばれるお地蔵さまがならんでおり、少し怖い景色です。

f:id:unico09:20181216233547j:plain

しめ縄がつけられている石が殺生石です。硫黄の噴出地帯なので噴出量が多いと近づくことができなくなるそうです。

玉藻の前伝説が残っていたり、松尾芭蕉もここに訪れて句を詠んだとか。パッとみるとただの岩ですが歴史のある面白い場所です。

www.uniconbu.com

ボルケーノハイウェイでワインディングを楽しむも……

f:id:unico09:20181216235308j:plain

那須高原をバイクで駆け上がります。国道17号線はもともと有料道路だったこともあってとても整備された峠道になっています。通称ボルケーノハイウェイと呼ばれているのだとか。かっこいい。

f:id:unico09:20181216234341j:plain

空に向かうような勾配のある道を右へ左へと傾けて走らせる。バイクはやっぱりこういう道を走ってる時が最高ですよね。

VTR250だとこういう坂道でパワー不足感が出てくるのは少し残念ではありますが。

f:id:unico09:20181216235621j:plain

那須高原展望台で市街地を一望。絶景かな。

f:id:unico09:20181216235733j:plain

全国何百箇所とある恋人の聖地の一つのようです。

f:id:unico09:20181216235651j:plain

那須高原の山々。THE冬山。

再度バイクに跨りボルケーノハイウェイの続きを楽しもうとしたのですが……

f:id:unico09:20181216234252j:plain

今年何度目かの通行止め!!12月から通行止めになるようで、私が訪れたのは12月の第一週。あと一週間早く訪れていれば通れたのに。

f:id:unico09:20181217225735j:plain

近くの駐車場にバイクを停めると隅の方に雪が積もっていました。

こりゃこれ以上の標高になれば駄目そうですね。あきらめて引き返します。

【スポンサーリンク】
?

 

外見は廃墟!那須の隠れた名湯「老松温泉」

f:id:unico09:20181217000502j:plain

 那須に来たからには温泉に入らなければ。ということで私が数ある那須の温泉の中で選んだのはこの老松温泉です。

f:id:unico09:20181217223144j:plain

言ってはなんですが外見は完全に廃墟。

 ここは私のような全国の変な場所を訪れるのが趣味な珍スポットマニアには有名な場所で、外見のインパクトもさることながら名湯として有名な場所になっています。

ウェブ上でしか今まで見たことなかったこの光景(ほぼ廃墟)にとても感動しました。

f:id:unico09:20181217224348j:plain

受付でお金を払い(この受付も凄かったのですが)写真撮影の許可を得る。

入り口から入ると味のある階段がお出迎え。外見がアレだったので心配したものの立て付けは悪くない。

f:id:unico09:20181217224408j:plain

階段を下りた光景。天井は剥げ、床はベコベコ。

絶妙な光源と相まってもうこれホラーゲームのワンシーンとしか思えませんでした。

f:id:unico09:20181217224610j:plain

満を持して入浴。鹿児島から関東にやってきてやっとまともな温泉に入った気がする。
濃過ぎず、薄すぎず。良い塩梅の硫黄分を含んだお湯がトロトロと全身の疲れをほぐしていくかのような感覚は本当に幸せでした。

一緒に入っていた80歳近くのお爺ちゃんからいろいろとこの温泉の話や古い話を聞けて良い時間を過ごす事ができました。

 

某宗教施設を少しだけ見学

f:id:unico09:20181217233332j:plain

那須のとある場所にある某宗教団体の総本山に行ってみました。現実離れした建物群に驚かされたのですが遠くから感じる視線に私のチキンハートがビビってしまいあまり多くを見ることができずに撤収しました。

www.uniconbu.com

締めは大田原で有名な大盛店「阿Q」

f:id:unico09:20181217233620j:plain

栃木県の大田原市には変わった名前の大盛店があるらしい。そんな情報で行ってみたのがこちら阿Qさん。

f:id:unico09:20181217233722j:plain

地元の定食屋さんぽい店構えなのだがメニューを開くと料理の写真がどれもこれもお皿からはみ出そうなくらいの大盛ばかり。

厨房から運ばれる料理を見ていると写真に偽りはなさそう。どうやら阿Qさんの出す料理はどれもデフォルトで大盛で出されるようだ。

f:id:unico09:20181217233628j:plain

私は初めて訪れたお店では極力店の名前がついた料理を頼むので、今回は「阿Qラーメン(醬油ラーメン)」を注文。大盛店なので運ばれてくるまで時間がかかるだろうな思っていたのですが3分と待たずにラーメン到着。

比較するものが無いため分からないと思いますが、このラーメンが乗っている器がとにかくデカイ。私の顔がすっぽり入りそうなサイズです。

味の方は癖のない醬油ラーメンという感じで、2玉以上は入っていると思われる大量の麺も飽きることなく食べ終わりました。少しでもお腹に食べ物が入っていたら完食は難しそうです。

f:id:unico09:20181217235232j:plain

帰りの道の駅で安かったブロッコリーとキャベツを買って帰る。私も道の駅で野菜買って帰るおじさんと化してしまった……

と、こんな感じで栃木県は那須の珍スポットを巡るツーリング終了。ボルケーノハイウェイを全区間走れなかったのが残念ですが、あまり時間をかけずに面白いところを見て回れたのは良かったです。各箇所の詳細はまた別記事として公開しようと思います。

今回が今年最後のロングツーリングとなりそうです。1月はどこに行こうか、果たして行けるのだろうか……

 

プライバシーポリシー